消防設備等の点検要領の改正
平成30年6月1日
消防法により非常用発電機は電気事業法の月次点検とは異なる、年に1回の負荷試点検が義務付けられました。

自家発電機の「負荷試点検」とは?
定格回転速度及び定格出力の30%以上の負荷で必要な時間連続運転を行い、空ふかし運転で蓄積したカーボンを燃焼排出させて、非常時に最低限必要となる「30%出力」を確認する。
負荷試点検の必要性
いつ災害が発生しても、消火活動が出来るように非常時の消火に必要なスプリンクラーや消火栓ポンプを稼動させる電源として自家発電機の点検が不可欠。

消防庁予防課による通達
総務省消防庁による通達では、「疑似負荷試験装置、実負荷等により、定格回転速度及び定格出力の30%以上の負荷で必要な時間連続運転 を行い確認する」と明記されています。
そのため弊社では、消防点検として低リスク、安全に実施できる空冷式負荷試験装置を使用し騒音も少なく無停電、短時間での疑似負荷をもちいた負荷試点検の実施を行っております。

消防庁予防課で出された負荷試点検に関する重要な通達として、直近では

 ・消防予第172号 ⇒ 総務省HP記載資料 リンク
 ・消防予第214号 ⇒ 総務省HP記載資料 リンク
 ・消防予第382号 ⇒ 総務省HP記載資料 リンク1リンク2

上記のような通達があります。

これらの通達により負荷試点検の実施が大きく前進し、従来行われていた実態の見えにくい負荷試点検の実施から、点検方法と報告方法を各通達により具体的な実施と報告が求められるようになりました。
業界屈指の短時間低価格を実現
従来までの負荷試験機は、大型で重量もあるためトラックでの搬入や大掛かりな点検スペースが必要としていました。また、施設側の停電など必要となり作業時間も長時間に及び、作業員も最低でも5名程度を必要とした為、コストも非常に高額となっていました。

弊社では小型軽量化した最新の負荷試験装置を使用することによって、作業の無駄を排除。オペレーターを含め2〜3名の人員と最低1時間程度の作業時間による実施が可能となり、自社施工による徹底したコスト管理を行い、可作業時間とコストともに従来のわずか半分〜3分の1を実現することができました。
社名の由来 まほろば とは?
元気よくいつも笑顔で地域に愛され信頼される会社でありたい。
地域に根付き親身につながりを大事に!
「素晴らしい場所」「住みやすい場所」を意味し、美しい日本の国土とそこに住む人々の心をたたえた古語『まほろば』を社名にしています。